どこにでもあるはじめたばかりの人向けのFXの本では「マイナスになった場合はナンピン買いをして、全体の買い付けコストを下げる」などと助言されている事もありますが、現実にはそれはかなりの危険があります。

まず、ナンピンの手法について易しく述べておきます。

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。

$買いのため、円安ドル高になればなるほど利益が出るわけですが、運悪く1ドル=95円まで円高ドル安方向に進んだとします。

その状況で所有し続けたら損がなくなるまでには、5円分円安に進む必要があります。

誰もが、マイナスは出来るだけ早く無くしたいと思うでしょう。

そのためはじめに注文したのと同じ分の$(ドル)を、1ドル=95円で買い増します。

そうしたら、ポジション全体の平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで下げることができます要するに、半分の幅で円安ドル高が進行すれば、赤字を回復できます。

これが、ナンピンの理論です。

このとおり、ナンピンの理屈を知ると「まちがいない」と考えるが、マーケットは簡単には問屋を卸してくれない。

95円が下限だとということなど、想像できません。

仮定として、外国為替市場が相当に強いドル安地合だとしたら、1ドル95円では下げ止まることなくよりドル安に進む確率が高いです。

1ドル97.50円でナンピン買いをした場合に、95円まで円高になったら、ナンピン買いしたポジションについても、赤字が生じます。

こういう状況では一番初めにエントリーしたドルと合計で二重の損失が生じます。

それゆえ、ナンピンは難解です。

それならば、相場がシナリオとは反対の方向に行ってしまった場合どんな術で危機の確率をコントロールすればいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる方法は限られています。

まずひとつは観念して、損切りをすること。

もうひとつの方法としては今、自分自身が所有している買いポジションを少なくする事によって、もう一回為替相場が回復するのをひたすら待つことだけです。

かなり後ろ向きな手法だと思う方もいるkもしれません。

だけど、自分の持っているポジションに損失が生まれた時正しい術はこれ以外には考えられない。

言うまでも無く、ロジックのうえではナンピンする手段も効果的です。

だがしかしナンピンは、自分が損失を披っている状態にもかかわらず、ポジションを小さくするどころか買いポジションを増やしていく考え方です。

それでは、リスクを削減することなど、とても可能ではないと考えたほうがいいです。

ナンピンを続けられれば最終的には勝てるかもしれない。

だけど、それより前に投資資金が無くなってしまいます。