クルマを持っている方は分かっていると思いますが、自動車税なるものの納税義務があります。それで自動車税は、査定に出す車買取時に一般的に返還される税金なのです。こうしたことは実行すると理解できますが、はじめから順を追って紹介していきます。説明をさせて頂けば国産で生産されている車のみに限らず海外の車も自動車税が還ってくることになっています。車などもそうですね。自動車税というのは自動車を所有している人が支払わなければならないお金ですが、税額はクルマの排気量で規定されています。1リッター以下のであれば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までであれば34500円になります。これ以上は500cc毎に5000円増加します。またこの税金は4月1日時点で車を所有している人がその年度のお金を納付する事になっています。つまりは前払いになるので、勿論自動車を売ってしまって、オーナーでなくなった場合は先払いした分の自動車税は戻ってくるんです。この自動車税というのは事前納付で以後一年分のお金を払いますので年度内に自動車を手放したときは買い取った所有者が自動車税を納めなければいけないということになります。買い取った相手が専門店なら引き取り時に自分が先払いしている分の税額を返してくれます。つまり所有権を手放した際以降の自動車税は、入れ替わったオーナーが払わなければなりません。もしも10月のうちにクルマを売却した際は、11月以降次の年の3月いっぱいまでの払った税金は返金されます。というのも前述の通り自動車税は前払いであるという決まりからも明らかです。つまり前オーナーは売却相手に税金を返還してもらうということになります。業者を介さずに愛車を引き取ってもらう場合、結構このような大事な知識を忘れている方が見受けられるため確かめるようにすることです。自動車税という税金は自動車を手放すと返金されることを意外に知らない人が多い事を利用してその状況を悪用する悪徳業者もいます。こちら側から自動車税の返金についての話をしなければ全然税金のことに関して説明しないという場面も頻繁に見受けられます。そのため愛車の売却をする際には税金が戻ってくるか否かを確認することを忘れないようにしなければなりません。